主人公たちは、うさぎだらけの森の、内部に入り込み、辺りは、部分によっては、霧などが、視界を、さえぎるようなとこも、あります。そこは、飛ばして、先を急ごうかなどの、意見もあるのですが、どうするか、考えたりもしています。視界を、さえぎる部分にしても、正面の、平面などが、全て、霧によって見えなくなっているわけでもなく、見えるとこは、確実に、見えたりもしています。それに、そこを通過せずに、先に行くことが、出来たとしても、近道を無くしてしまうことにも、なるのかも知れないし、それだと損な、話だしとか、そんな意見もあります。などの意見もあります。当然内部の状況全てを把握している状態では、ないことが、分かります。辺りのうさぎたちは、8匹で、まとまりひとつの場所に、いるのも、いれば、2匹とか、3匹で、一組のも、います。1匹のもいます。中には、たきびをしているうさぎもいます。中央のたきびを、うさぎたちが、円陣を、組んで囲んでいる無人契約機

今日は、なんとなくパフェが食べたいという事で、パフェ作りをすることを決定しました!!

近くのコンビニへ行き、まずは、100円ビスケット、生乳ヨーグルト、生クリーム、アイス、フルーツを買って家に帰りました(^^)

少し深いガラスコップを使ってまずは、ビスケットを砕いて一番下に。次にビスケットと合わさっても美味しいようにアイスと次は家にあったイチゴジャム、そして生乳ヨーグルトと色味が綺麗なように順番に並べました。

最後が肝心なので、最後にアイスを丸く載せてその上に生クリームを絞って、家にあったホームパイを半分に折って載せて、ジャムのゆるいところを上からトロリとかければ、可愛いパフェの出来上がりです。

食べてみて、やはり並べ方はすごく大事だなとかんじました。
そして、生乳ヨーグルトは、特におススメです。
全然酸味がしないですし、すごくまろやかで最近毎日食べています(^^)クッキーとかと混ぜても美味しい♪

皆さんも是非作ってみてくださいな★脱毛 女性 ひげ

俳優の松田翔太とモデルの秋元梢が結婚したことが分かりました。
松田翔太の父は俳優の故・松田優作(享年40)、母は女優の松田美由紀、兄は俳優の松田龍平。
叔母には熊谷真実がいます。
秋元梢の父は故元横綱・千代の富士の九重親方(享年61)。二人は「私共の両親のように、強さと温かい愛を持った家庭を作りたい」とコメントしました。
以前から噂になっていましたが九重親方が亡くなっておそらく延期になったのでしょう。
やっと結婚できたと2人は思っているのではないでしょうか?
それにしてもすごい美男美女のカップルのうえ血筋もすごいですよね。
松田優作はかなり前に亡くなっているので仕方ないのですが(失礼かな?)九重親方は愛娘の花嫁姿を見たかったでしょうね。
随分とかわいがっていたらしいですし。
入籍のみの結婚っぽい感じに思えますがそれはそれでいいと思います。
2人のお父さんは天国で喜んでいるでしょう。
おめでたい話題はほっこりしていいですね。http://www.ketto.co/

父は釣りが趣味です。
海釣りも行きますが、近所の川に鮎を釣りに行ったりもしますよ。

今回、実家に帰省していたときに、ちょうど2日続けて鮎を釣りに行っていました。

1日目は10匹くらいしか釣れなかったと言って帰ってきましたが、2日目は30匹釣れたと言って嬉しそうに帰ってきました。

子どもたちが鮎を見て、「おさかなー!」と言って喜んでいました。

夕ご飯に鮎を焼いて食べようかと言うことになり、人数分焼いてもらいました。
天然の鮎なので、買うと高いと思います。

養殖とは香りが違うと言っていました。
毎年、タイミングがよく実家に帰れば鮎をもらって食べられます。

鮎独特の味がしておいしかったです。
子どもたちも喜んで食べていました。

余った鮎は近所の方におすそ分けしたり、冷凍保存していました。
また食べられたらいいなと思います。

子どもたちが嬉しそうに食べていたので、父も満足そうでした。
珍しいものを食べさせてもらえてよかったです。キャッシング 即日

お正月に続いて、あっという間に三連休が終わってしまいました。残念です。もっともっと、ゆっくりしたかったのですが、そうもいっていられませんよね。寒いと、動くのもおっくうになり、外に出たくないいう衝動にかられます。
こうなってくると、近代的な家に住まないと、今要注意の寒暖差が厳しすぎて、心配になります。年を取ると、心配なことが多くなります。
テレビを見ると、日本の未来が、急速に変わってくるということを知り、不安になりました。
個人的には、コンビニは、本当に二十四時間営業をする必要はないように思っています。数時間でもいいので、お休みできたらいいですよね。それこそ、大きなお店は、相手くださるとうれしいですが。
昭和の生活が基本だと思っているので、そこまで、便利なことにもうしわけない気持ちがあります。まさか、二十四時間していたとは思わなかったのです。夜に出ていくこともありませんから。
夜に活動しなくなって、二十五年ぐらいたちます。お金 急ぎ

少し前までわりと好意を持ってみていたやすともという漫才師が最近なにかとあれ?という感じになってきました。

どこいこ!とかきめつけ!という番組で好き勝手やっているのですが、前ならそうそう!代弁してくれているといえばそうかもしれないと思いながら見れていたのが、あまりにおばちゃん化しすぎてきて、違う、そんな風に思われたくないからそういう言い方で大阪のおばちゃんをくくらないでほしいと思うようになってきてしまいました。
同世代だから、おもしろくて楽しく話していることにはそれなりに納得できることがあったのに、最近は太りすぎて見苦しくなってきたことで清潔感がなくなってきました。
清潔感って大事ですよね。似合ってない服を着て若作り、派手にしていたら汚ならしいんです。
汚い人が毒舌を吐くとみっともない。
負の連載としかいいようがなくなってきました。
もう痩せるなり方向性を見直さないと大変なことになりそうな雰囲気がぷんぷんします。http://www.entropy64.com/

昨日作った洋風おでん、いわゆるポトフというものが鍋の中に微妙に残っております。いつもでしたら仕方ない生ごみへと直行のはずなのですが、ここのところ野菜が高いなあなんて思いだしたらわずかに残っている鍋の中身が捨てられないんです。このポトフもどきに入っているものは、キャベツ、玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジン、ベーコンそしてウインナーとコンソメ塩コショウです。まずヒントになったのはリメイク料理という言葉です。基本にかえってみるとポトフの味自体にそれほど強烈な個性はないなと感じ、これに何か手を加えれば何とかなるような気がしてきました。テーブルの上にごはんがありこれを使ってと思ったらひらめきました。チーズリゾットですよ。この残ったポトフの具をちょっと小さくして戦闘開始。鍋に少し水を足し沸騰させコンソメを少々足します。その中に洗ったご飯を入れ柔らかくなったらピザ用のチーズを加えひと混ぜします。器に移し胡椒を振って出来上がりです。適当に工夫すると意外と成功することに気づきました。おいしかったです。昨夜の残り物リメイク料理、やりました。

先週末のお休みのことですが、珍しくお母さんが台所で料理をしていました。
別に台所に立つこと自体が珍しいわけではありませんが、長い時間をかけてトマトソースを作っていたみたいです。
私のお母さんの料理には、メニューによってけっこう出来不出来の差があったりします。
普通に野菜炒めを作ってくれてもあまり美味しく感じないのですが、手の込んだ煮込み料理は美味しかったりするんですよね。
野菜炒めなんて誰が作っても基本的に同じような味になりそうなものですど、お母さんが作ると不思議な味になってしまいます。
普通に塩コショウ、それから醤油などで軽く味付けをするだけのはずなのに、なんだかへんてこりんな味付けになったりするんですよね。
せっかく作ってくれるのにあまりの言い様だと思われてしまうかもしれませんが、本当においしいものとそうでないものの差が激しいのです。
それから、料理に時間をかけることは滅多になくて、いつも結構適当な感じで作ったりしています。
煮込み料理なんかはちゃんと手間暇かけて美味しいものを作るのに、普段の食事とのこの差は一体なんなんでしょうか。

2009年に書いていたブログがあるのですが、そのブログは更新は停止したもののずっとブクマして残していました。
久しぶりにそのブログを見たいと思って見ようとしたのですが、なんとブログサービスが終了していました。
そのブログはプチモールブログという会社なのですが、サイトのトップページに行くとまだ画面は残っているのですが、サービスが終了したというお知らせがちょこっとだけ書いてありました。
自分のブログがいつの間にか消えてなくなってしまっていたことが本当にショックでした。
このブログは珍しくまともなことばかりを書いていましたし、何より一番ショックだったのはペットを飼い始めた時の日記も書いていたことです。
初めて飼った日のブログを画像付きで更新したのですが、あの画像は他のブログなどには載せていないですしもう二度と見ることが出来ません。
あの画像がもう見ることが出来ないことが本当に悲しくて仕方がありません。
時間を戻して画像を保護したいです。キレイモ町田中央店

今年の運動会は初めての小学校の運動会の参加だったので私もとても張り切ってお弁当の準備をしました。今まで親戚の子や友達の子どもたちがもう小学生の子がいたので呼んでもらって応援に行ったことがあったのですが、今年は初めての自分の子どもを応援することができるのでとても楽しみでした。お母さんも前の日から家に泊まってくれて一緒にお弁当の準備をしてくれました。幼稚園の時は人数が少なかったのであまり時間もかからなかったのですが、小学生になると親戚がたくさん集まってくれるのでお弁当作りもとても大変で3時に起きて作り始めました。天気も一週間怪しくて当日はどうなることかと思っていたのですが、前の日から天気が続いてくれて運動会を知らせる花火もあがったので無事に運動会を行うことができて良かったです。初めてで不安もありましたが、一生懸命頑張っているこどもの姿を見ることができてとても嬉しかったです。また来年も楽しみになりました。ビキニライン 黒ずみ クリーム